乳児湿疹の治療方法で悩まれている方へ

  • イワサキクリニック大阪06-6201-2525
  • イワサキクリニック東京03-3256-0055
  • 出雲医院0853-30-6060
  • 国沢内科医院0855-53-0324

メニュー

電話一覧表示

お問い合わせ

漢方柄のキービジュアル

赤ちゃんの湿疹にお悩みの方

生後すぐから使用でき
乳児湿疹、脂漏性湿疹、
アトピー性皮膚炎など
どの皮膚症状にも
効果が期待できます

天然由来の中医薬です
生後すぐでも治療を開始できます

生後すぐから乳児期にできる湿疹のことを総称して乳児湿疹といいます。乳児湿疹の中には脂漏性湿疹やアトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎なども含まれ区別が難しいです。
病院でもらったお薬や市販のお薬の乱用や、民間療法などで悪化しているケースも少なくありません。
爽治会の中医薬(内服薬)は、天然由来の成分を使用していますので、生後すぐから使用でき、乳児湿疹・脂漏性湿疹・アトピー性皮膚炎のどの症状にも効果をのぞむことができます。

基本的には外用薬のみで治療を行いますが、必要に応じて内服薬を併用する場合もあります。

早めに治療を開始した方が
効果がでやすい

赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、比較的早めの効果が期待できます。なるべく軽症のうちに治療しておくと、赤ちゃん自身も治療費も負担が少なくなります。
アトピー性皮膚炎の場合は痒みが強く、赤ちゃんもお母さんも眠れない日々が続き、とても辛いと思います。
赤ちゃんの健やかな成長のためにも、早めに治療されることをおすすめいたします。基本的には外用薬のみの治療を行います。外用薬はアトピー性皮膚炎の症状が出ている部分(顔、体、頭全て)使用可能です。必要に応じて内服薬を併用する場合もあります。(※個人差があります)

治療実績がある乳児湿疹の疾患

アトピー性皮膚炎 乳児湿疹 脂漏性湿疹 食物アレルギーの軽減 など

食物アレルギー

現代では、食物アレルギーのお子さんをよく見かけます。
食べるものに制限がかかり、お母さんやお子さんを預かる保育園や学校も大変な努力が必要となります。
食物アレルギーの原因となる代表的な食物は『牛乳』『卵』『小麦』。その他にも重度のアナフィラキシー症状(※)を引き起こす恐れが高い『そば』。

最近では『果物』などでもアレルギー症状が出ることも知られています。その症状が軽症であれば、年齢とともに自然によくなるのを待つことができますが、中等症以上になると、口にすることも難しくなっていきます。
そして、食物アレルギー反応が出る食物の品目が多いと除去するのも大変。お子さんの成長に影響が出ないとも言い切れません。爽治会の内服薬は、服用を続けるとアレルギー数値をだんだん下げていく効果がありますので、原因となる食物を口にしてもアレルギー反応を起こしにくくする効果が期待できますが、個人差が大きく、中にはアトピー治療に比べて治療効果を感じられない方もいらっしゃいます。

※アナフィラキシーとは?


いろいろな種類のアレルギー症状が短期間であらわれる状態。
気分不快、腹痛、嘔吐、動悸、湿疹、じんま疹、冷汗、血圧低下、意識障害、呼吸困難などがあります。
呼吸困難になり窒息症状になると生命にもかかわります。

乳児期脂漏性湿疹

赤ちゃんによく見かける湿疹です。生後2-3週ごろから頭やおでこ、眉毛などに黄色いかさぶたやフケのようなカサカサ、皮膚の赤みがでます。この症状はお母さんからの女性ホルモンの影響で皮脂が増えたために起こると考えられています。
数か月で自然に良くなってくることが多いです。 まずは石鹸やシャンプーを使ってやさしく顔や頭を洗い清潔に保つことが重要です。ゴシゴシこすったりかさぶたを無理に剥いだりしないようにしましょう。
痒みが強い場合や炎症が強くなったときには治療が必要です。症状が体や手足に広がったりなかなか治らない場合はアトピー性皮膚炎との区別が必要なこともあります。 爽治会の中医薬は脂漏性湿疹とアトピー性皮膚炎のどちらにも同じ塗り薬を使います。ステロイドが入っていないためちょっとした軽い症状のうちからひどくならないように使うこともできます。
赤ちゃんの湿疹が気になった場合は相談してみてください。

  • 爽治会について

  • 医師のご紹介

  • 中医薬について

  • 中医薬顧問のご紹介

爽治会の各医院では
さまざまな疾患を診察しています。
詳細は各医院の診療案内より
ご確認ください。

各医院の診療案内

イワサキクリニック大阪

イワサキクリニック大阪の外観写真完全予約制
受付時間及薬の受け渡しは、診察終了の30分前までとなります。

対象疾患

ノンステロイド中医薬治療

  • アトピー性⽪膚炎
  • ニキビ
  • 乾癬
  • 掌蹠膿疱症
  • 乳児湿疹
  • 花粉症
  • 喘息
  • 鼻炎
  • 耳鳴り
  • めまい
  • 更年期障害
  • 生理不順
  • 虚弱体質
  • 肝機能障害
  • 腎機能障害  など

完全予約制
受付時間及薬の受け渡しは、診察終了の30分前までとなります。

SCROLL
日・祝
午前
9:00-13:00

9:00-13:00

9:00-13:00

9:00-13:00

9:00-14:00

9:00-13:00
午後
14:30-17:00

14:30-17:30

14:30-17:30

14:30-17:30

診療科目

アレルギー科

アクセス

〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町2-2-2

06-6201-2525

日、月、祝日以外は電話受付しております。

お問い合わせ

診療予約

お問い合わせ

※ご予約いただくと当院より予約日時決定のメールをお送りします。迷惑メールフィルターの解除や、ドメイン受信許可設定をしないとメールが受け取れない場合があります。
※返信メールが届かない場合は直接お電話にてご連絡をお願いいたします。

詳細はこちら

イワサキクリニック東京

イワサキクリニック東京の外観写真

対象疾患

  • アトピー性皮膚炎     (中医薬による自由診療
  • 乾癬
  • 掌蹠膿疱症
  • 尋常性疣贅(イボ)
  • 酒さ
  • 手湿疹
  • 主婦湿疹
  • 湿疹
  • 鼻炎
  • 花粉症
  • 虚弱体質
  • 敏感肌
  • 乾燥肌
  • 赤み
  • かゆみ
  • インフルエンザ予防接種など
SCROLL
日・祝
午前
12:00-13:00

10:00-13:00

10:00-13:00

9:00-12:00
午後
15:00-18:00

15:00-18:00

15:00-18:00

診療科目

アレルギー科

アクセス

〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2-9-5 東園ビル3F

03-3256-0055

日、月、祝日以外は電話受付しております。

お問い合わせ

診療予約

お問い合わせ

詳細はこちら

出雲医院

出雲医院の外観写真

対象疾患

  • 内科・漢方内科・アレルギー科系疾患(保険診療)
  • インフルエンザ、肺炎球菌等予防接種、特定健診
  • ノンステロイド中医薬アトピー性皮膚炎治療(自由診療)
  • 乾癬
  • 乳児湿疹
  • 肌荒れ
  • 花粉症
  • 虚弱体質
  • 掌蹠膿疱症
  • 尋常性疣贅
  • 鼻炎
  • 喘息
  • ニキビ
SCROLL
日・祝
午前
9:00-13:00

9:00-13:00

9:00-13:00

9:00-13:00
午後
15:00-18:00

15:00-18:00

15:00-18:00

診療科目

内科、漢方内科、アレルギー科

アクセス

〒693-0007
島根県出雲市駅北町5-1

金曜はお薬の受け渡しのみ対応しております。

0853-30-6060

日、月、祝日以外は電話受付しております。

詳細はこちら

国沢内科医院

国沢内科医院の外観写真

対象疾患

  • ノンステロイド中医薬アトピー性皮膚炎治療(自由診療)
  • アトピー性皮膚炎・鼻炎
  • 花粉症
  • 乾癬
  • 喘息・虚弱体質など


■往診/訪問診療を行っています。
 通院することが困難な方は、ご相談ください。
■胃カメラ・超音波検査・レントゲン検査・各種健診・予防接種
■糖尿病外来(月2回金曜日)
 ※島根医大専門医師による診療*要予約*
■漢方外来
毎月月曜日漢方診療をしています。 第1/3月曜日は漢方専門医師が診察や漢方相談をしています。 第2/4月曜日は看護師がお薬の使用方法等のフォローをします。(日程は、毎月ブログでご案内します。)

SCROLL
日・祝
午前
8:30-12:00

8:30-12:00

8:30-12:00

8:30-12:30

8:30-12:00

8:30-12:00
午後
15:00-18:00

16:00-18:00

15:00-18:00

15:00-18:00

国沢内科医院のバリアフリー入口のご案内 車椅子対応の入口があり、看護師が必要時対応します。 足がご不自由な方、ご高齢の方で、正面玄関から入るのが難しい方はお気軽にお声を掛けてください。

診療科目

内科、放射線科、小児科

アクセス

〒695-0021
島根県江津市都野津町1972番地1

0855-53-0324

日、祝日以外は電話受付しております。

詳細はこちら

お悩み解決
Q&Aはこちら