医療法人社団 爽治会(そうじかい)

ノンステロイド中医薬アトピー皮膚炎治療(自由診療)

イワサキクリニック大阪・イワサキクリニック東京・出雲医院・国沢内科医院

爽治会便り

とうきょう通信/アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎とは
花粉やダニなどが原因となり鼻粘膜に炎症が起こる鼻の病気です。


一年中症状のある通年性アレルギーと、
ある時期だけ症状のある季節性アレルギーに分けられます。


通年性アレルギーの原因(抗原)にはハウスダストやダニ、
ペットの毛などがあります。


季節性アレルギーの代表格が春のスギ花粉症ですが、
それ以外にも夏のイネ科花粉症や秋のキク科の花粉症など
さまざまな花粉症があります。


アレルギー性鼻炎の症状は
一日に何度も繰り返すくしゃみと水のように流れる鼻水、
鼻詰まりが特徴です。
生命にかかわる病気ではありませんが、
非常に不快な症状のため
学業や仕事に悪影響を及ぼすこともあります。


日常生活では抗原との接触を避けるよう気を付けましょう。
ダニやハウスダストにはこまめな掃除が大切です。


花粉症に対してはマスクや眼鏡を着用したり、
外から帰宅したら花粉を持ち込まないように入室前に衣服を掃い、
洗顔やうがいをすることも必要です。


治療としては保険診療では薬物療法アレルゲン免疫療法
手術療法があります。


薬物療法
抗ヒスタミン薬や抗ロイコトリエン薬の内服や
鼻局所へのステロイド点鼻薬などを使います。


アレルゲン免疫療法
ダニ、スギアレルギーに対して
アレルゲンを少量ずつ投与して体を慣らす方法。
長期間の継続治療が必要。


手術
薬物療法でも改善しない鼻づまりには手術もあります。
レーザー治療や粘膜下下鼻甲介切除術、
下鼻甲介粘膜切除術などがあります。


保険診療ではありませんが、
アレルギー性鼻炎に中医薬治療も効果があります。


抗ヒスタミン薬で眠気が出てしまう人や
十分な効果が得られない人には
眠くならない中医薬の内服治療をお勧めします。


また、鼻腔内にかゆみがある人、
鼻が詰まって苦しい人には中医薬の点鼻薬や軟膏を併用します。


軟膏はカサカサ鼻の中が乾いた感じがしてかゆい時や
鼻血が出やすい時に、鼻の入り口に使うと鼻粘膜が修復されて
かゆみや出血がおさまります。
点鼻薬は入れた瞬間は刺激的ですが、
あとから鼻が通って楽になります。
一度体験してみてください。

関連記事:とうきょう通信/鼻炎に漢方の点鼻薬

2019年03月14日 | 記事ページ

くにさわ通信

4月の糖尿病外来は、以下の通りです。

4月12日(金)、4月26日(金)

15時から、院長の診察となりますのでよろしくお願い致します。


2019年03月09日 | 記事ページ

このページの先頭へ